MENU

1日の流れ

調理スタッフ

正社員 介護付有料老人ホーム
グリーン

未経験からのスタート
給食調理の仕事

グループ内4施設(180人分)の給食調理業務に就いています。調理、仕分け、洗浄、器具の消毒などを行いますが、調理について「真空調理」という方法で調理を行っています。
家では簡単な料理だけで、大量調理や医療福祉業界の経験もありませんでした。またここで初めて「真空調理」を知り、「自分にできるのか」という不安な気持ちが大きかったのですが、教育担当が就いて指導してくれるので未経験からでも調理業務をスタートすることができました。
以前も調理関連の仕事をしていましたが、残業が多く、なかなかプライベートな予定が立てづらいこともありました。ここは残業がほとんどなく、自分の時間が十分に取れるので、大好きな犬の散歩ができ、健康的な生活を送れています。

早番シフトは5時半からですが、他の病院や介護施設と比較しても決して早くはありません。早く来た分、終業時間も早いので、仕事帰りに買い物などいろいろとできるので時間的に効率のよいシフトですし、早番手当がつくのでうれしいです。

【真空調理・クックチルとは?】
食材を加熱後30分以内に冷却を開始し、90分以内に3℃まで芯温を下げることでチルド状態にして調理する方法です。(5日間保存することができる調理法)。食材を専用のフィルムに入れ、食材中の空気を抜き、抜いた場所に調味液を染み込ませる調理法です。「やわらかく」「しっとり」仕上がる特徴があります。

コミュニケーション能力が大切な職場

大量調理には通常の調理とは違ったノウハウやテクニック、安全衛生管理上守るべきルールがたくさんあります。細かいルールの中、周りのスタッフと協働しながら決められた時間内で調理を進められるようになると、自信をもって仕事に取り組んでいることを実感できます。黙々と作業をする仕事ですが、声かけやコミュニケーションを取りながら作り上げていくことも重要だと感じています。

仕事のやりがい

キッチンで食後の片づけをしているとき、入居者様から直接「おいしかった」と声をかけてもらったときや、食べ残しなく完食の状態で食器が戻ってきたときなど、調理スタッフとしてのやりがいを感じます。

仕事への抱負

調理師免許取得を目指しながら、これからも安全で美味しい食事を提供していきたいです。

1日の流れ

日勤

10:00~18:00

7時間勤務

8:00 起床

遅めの起床でゆっくり朝食を食べてから仕事の準備をします。

9:50 出勤

打刻をして仕事スタート。衛生チェックを必ず行います。

10:00 デザート作成

当日の昼食に提供するデザートの準備をします。

11:00 昼食の準備

昼食の時間に合わせて食材を温めます。

12:00 真空調理

食材を専用フィルムに入れ、食材の空気を抜く作業を行います。
※別シフトの方が担当します。

14:30 休憩
休憩室でリラックス。
15:30 夕食の準備

献立表をチェックし、食材と分量を用意。作業に取り掛かります。

17:30 盛り付け

各フロアにあるユニットキッチンで盛りつけ。
※別シフトの方が担当します。
打刻をして1日の仕事終了です

1週間のシフト(例)

PAGE TOP